おさんぽアルバム

イヌ達のおさんぽ写真などを、紹介して行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) TOP↑

札幌市動物管理センター 殺処分映像

『しっぽの会』のホームページ中の『しっぽれぽーと』に、北方ジャーナルの記事がリンクされました。
内容は犬の殺処分についてで、札幌市動物管理センターでの殺処分映像が含まれています。 

こちらにも「続きを読む」に、映像を貼っておきます。
モザイク無しの映像ですが、出来れば一度はご覧になって頂きたいです。m(_ _)m
スポンサーサイト



にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。

ご協力ありがとうございました!




去年の11月に『動物愛護法の改正を求める署名活動』を紹介させて頂きましたが
私のところにも、皆さんから200以上の署名を寄せて頂きました。
署名をして下さった皆さん、本当にありがとうございました!

集まった署名は『
しっぽの会』さんの方から、まとめて送って頂きました。
その数なんと、6370 !! 予想を遙かに上回る数字に驚いています。

皆さんの、この想いが届く事を願います。 


署名は3月末まで受け付けています。
請願内容を見てみたい方は、『
動物愛護法の改正を求める署名活動』をご覧下さい。



にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。

署名活動の紹介

先日、犬の殺処分についてこのブログでも取り上げましたが
日本で殺処分される犬猫の数は、年間三十数万頭にもなります。
殺処分の方法は二酸化炭素ガスでの窒息死。
安楽死と言うことになっていますが
実際には苦しみ抜いて死んで行きます。
死んだ後は人の手に触れる事もなく、そのまま焼却炉に送り込まれます。
中には死にきれず、生きたまま焼却される場合もあるそうです。

そもそも動物管理センターは、狂犬病を防ぐ為に作られた施設のはずですが
今では要らなくなったり売れ残った犬猫を
一般の飼い主や繁殖業者、ペットショップなどが捨てに来る場所と化しています。

狂犬病でもない犬猫を、なぜ行政が殺処分しなければならないのでしょう?
なぜ罪のない犬猫たちが、殺されなければならないのでしょう?

彼等の命を救おうと、保護活動をしている方が全国に沢山います。
しかし、救える命は本当にごくわずかです。
なぜなら、捨てる人が減らないからです。
行政がそれを受け入れ、殺処分し続けるからです。

法律上、行政は飼い主が捨てに来たた犬猫を受け入れなくてはならないそうです。
(捨てる理由が何であれ拒否出来ない)
また、2日間抑留したあとは処分して良い事になっているそうです。
(処分となっていますが、実際にはほとんどが殺処分)

結局、法律を変えない限り殺処分は止められない。
業者、飼い主、行政、全てが変わって行かないと殺処分はなくならない。




動物愛護法の改正を求める署名活動を紹介します。

動物虐待への対策強化を求める請願 ~動物愛護法改正を求める署名にご協力下さい~

請願内容を読みましたが、これが全て実現すれば
日本のペット達を取り巻く環境は大きく変わると思います。

これも「私たちに出来る事」なのではないでしょうか。 署名の受付けは12月末まで。



にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。

「犬の殺処分」についての放送がありました

NEWS ZEROで、「犬の殺処分」についての放送がありました。
日本の現状をより多くの人に知って頂きたいので貼っておきます。
(処分されるシーンは含まれていませんので、どうかご覧下さい。)










番組へのご意見などは、NEWS ZEROのホームページからメールを送れます。



にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。