おさんぽアルバム

イヌ達のおさんぽ写真などを、紹介して行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) TOP↑

「犬の殺処分」についての放送がありました

NEWS ZEROで、「犬の殺処分」についての放送がありました。
日本の現状をより多くの人に知って頂きたいので貼っておきます。
(処分されるシーンは含まれていませんので、どうかご覧下さい。)










番組へのご意見などは、NEWS ZEROのホームページからメールを送れます。



にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。
バニ母さんへ
大量生産、大量消費、大量処分‥。
次から次へとモデルチェンジ、飽きたらすぐに買い換える‥。
モノを大切にしないどころか、今や命すら使い捨てなのか?
命はリサイクル出来ないのに‥。

便利で豊かな生活ってこういう事なんですかね??

いったい人間は何がしたいんだろう?
もう、後戻りは出来ないのでしょうか‥。



ペットを飼うと言う事は「死」を見届けると言う事。
「死」を見届けると言う事は「生」と向き合うと言う事。
「生」と向き合うと言う事は「自分」と向き合うと言う事。

そんな気がします。   
意味分かんない文ですみませんe-466
[ 2008/10/31 13:34 ] [ 編集 ]
半減でも20万弱は殺されるという厳しい現実。
日本人のモノ・コトへの感覚、すべてにおいて「自分基準」があって、それになるべく近い『完成形』を求める傾向が強いのかなと思います。
だから、基準から反れるとすぐ他の『完成形』へ気持ちがなびく・・・
自分で『完成形』を時間かけて作り上げるほうが
はるかに豊かになれると思うのですが・・・

我が家のバーニーは、崩壊ブリーダーからレスキューされた85頭のうちの1頭です。
ブリーダーが自ら保護団体に助けを求め、レスキューされる状況に賛否両論ありますが、やはりそこにある命をまず救わなければという気持ち、行動は間違いじゃないと思います。でも決してそういうことが立派で特別な行為なのではなく、今そばにある命を最期まで大事にしさえすればいいだけの話です。それだけで、殺処分は相当数減ると思います。

勝手に運命や縁を感じて買うのも飼うのも自由ですが、子供が親を選べないのと同じで、動物も飼い主を選べないのですから、相応の覚悟を持って迎えて欲しいですね。

そして、殺処分、しなければならないなら、せめて本当の「安楽死」にして欲しい。何の罪もない動物が、なぜ愚かな人間のためにそれ以上苦しむ必要があるのでしょうね。
[ 2008/10/31 11:36 ] [ 編集 ]
Kiwiさんへ
日本と欧米のようなペットの先進国とでは、
文化の違い・国民性の違いがあるのは仕方のない事ですが
それにしたって日本はペットに関しては後進国すぎますよね‥。

世界には良いお手本が沢山あるのに
どうしてそれをもっと積極的に取り入れないんでしょうね??

馬鹿みたいにパークゴルフのコースばかり作ってないで
少しはペットの保護やドッグランの建設などにも力を入れて欲しいです。
[ 2008/10/28 01:52 ] [ 編集 ]
つむぎさんへ
いきなり深刻な話題で混乱させてすみません。
そして見ていただいてありがとうございます。

日本という国は、色んな意味で未熟なんだと思います。
戦後、技術や経済が発展し生活がどんどん豊かになってゆく一方で
大切なモノをたくさん無くしてしまったんだと思います。


どうして彼らは死ななければならないのか‥
どれだけ考えても納得できる答えなど見つかりません。
言えるのは、それが日本という国の現実という事です。

しかし一方で、そんな現状を変えようと動いている人達もたくさんいます。
個人や団体で処分されるペット達を保護して新しい飼い主さんを探したり
動物に関する法律を改正するなど、捨てられるペットの数を
少しでも減らす試みも行われています。


まずは、ひとりでも多くの人が現状を知り
真剣に考える事が大事なのではないでしょうか。
そしてほんの少しでも他者を思いやる心を思い出せば
世の中は変わると私は思います。
[ 2008/10/28 01:11 ] [ 編集 ]
重い問題ですね(^_^;
私も最近まで身近にいた多くの実験動物達を救うためにマスコミを利用しようとか、獣○師会に相談したらどうかとか色々悩んでいましたが、「実験動物は合法」だという壁に阻まれ結局何も出来ませんでした。
                      
捨てられる動物に関しては、BUN師匠の言うとおり、飼い主がキチンとしてくれれば…ただそれだけの話なんですけどね~↓
>ペットを飼っている人は、まずは自分のペットを最後までキチンと面倒見て 飼い主の責任が果たせれば良いと思います。

ニュージーランドのSPCA(http://www.spca.org.nz/general/home.htm)に見学に行った時、(ペットを飼っている人も飼っていない人も)国民の考え方の違いに驚きました。
現在の日本ではまだまだ「ペットを飼う」=「ペットショップ」ですが、NZでは「ペットを飼う」=「まずはSPCA」なんですよね。。。

早く、日本もペット先進国のようにSPCAのような組織が出来るといいですが、まずは自分達ができることをコツコツとやっていき、当たり前の意識を国民が持ってくれる世の中にできるといいですね。



[ 2008/10/27 22:19 ] [ 編集 ]
見ました・・・
ただもう胸が痛んで仕方ないです。
どうしてここにいる犬たちは今
人間と仲良く暮らせないんだろう?
どうして命の選択なんかされてしまうんだろう?
どうして苦しみながら死んでいかないといけないんだろう?・・・・
私に何か出来ることがある?
何をどうしたらいいの?
34万という数字があまりにも大きすぎて
?マークで頭が一杯になってしまいます・・・


[ 2008/10/27 21:50 ] [ 編集 ]
はちみつさんへ
>行動に移していない人は動物を捨てる人と同じ

↑これは言い過ぎですねi-229

ペットを飼っている人は、まずは自分のペットを
最後までキチンと面倒見て
飼い主の責任が果たせれば良いと思います。

ボランティアは決して強制や押し付けであってはいけないと思います。
自分に余裕のある人が、無理のない範囲で
ボランティアに参加すれば良いのだと思います。


私は、思う事が大事だと思います。
人の世は人の思いで出来ていると思います。
ひとりひとりの思いが集まり、
それがいつかカタチになってゆくんだと思います。

だからまず、現状を一人でも多くの人に知ってもらいたい。
そして少しでもいいので、
死んでゆく彼らの事を思って頂けたらと思います。
[ 2008/10/27 18:21 ] [ 編集 ]
私が殺処分のことを知ったのは今年で、それまでは全く知らず。
動物を飼う=ペットショップ。
それが当たり前だと思い、その方法しかないとすら思っていたり。
ブリーダーなんて言葉も知らず、私のように何も知らない人も多いのだと思います。
知ろうとしなかった事もありますが、思い込んでいた部分も多いです。
今回の放送は、私のように何も知らなかった人に知ってもらうとてもよい機会だと思います。

どこかのサイトに、「捨てる人はひどいと思っていても、行動に移していない人は動物を捨てる人と同じ」と。
その言葉はずっと心に残り続けています。
いつかちっぽけな勇気ですが、その勇気を出して出来る事をしていきたいと思います。
「いつか」なんて言ってるんですから、本当に私は身勝手です。
[ 2008/10/27 17:18 ] [ 編集 ]
グレ母さんへ
現状を変えるにはには、根本から考え直さないといけませんね。
もちろん捨てる側が悪いのですが、「殺処分」という方法も
「してはいけないこと」だと思います。

最近、凶悪犯罪が増えてるとよく耳にしますが
こんな事が平気で出来ちゃう世の中なら、そりゃ増えるわ! と思います。

日本という国は、何かとっても大事な物を
無くしてしまっている気がしてなりません。


>「捨てても誰かがなんとかしてくれる」という考えを‥

確かにそうかも知れません。
それでも捨てられるペット達には何の罪もありません。
殺処分される理由なんてありません。
だからまず、彼らを救わなければなりません。
私はそう思います。
[ 2008/10/26 22:32 ] [ 編集 ]
 法で決められているからということではなく、
人間が生きてくうえで「してはいけないこと」のはずなんですが。
でも捨てる人間は、「してはいけないこと」だとは思わないのでしょうね。
それとも していいことと許されないことを判断できない時代なのでしょうか。
 私は 動物を飼うということは贅沢な行為だと思うから、税金かけていいと思います。
それに今お店やネットで売られているような値段で犬猫が売り買いされるのもどうかと思います。
 また、保護活動をすることが
反対に「捨てても誰かがなんとかしてくれる」という考えを助長してしまう部分もあり、
助けたい、助けたらだめ、という相反する気持ちの葛藤が起こり、複雑です。
今いる子たちを助けると同時に、増やさないことができるといいのですが。
 昨年のパブコメでも、
国が殺処分数半減を目標としても、
北海道は先頭になって殺処分0を掲げてほしかったです。
[ 2008/10/25 21:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。