おさんぽアルバム

イヌ達のおさんぽ写真などを、紹介して行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) TOP↑

ご褒美について その2

イヌにとってご褒美とは、人が与える物・事ばかりではありません。


例えば、『おさんぽの時、リードを引っ張る』
人が教えたワケでもないし、おやつが貰えるワケでもないのに
引っ張りグセのあるイヌは、一生懸命頑張って飼い主さんを引っ張り続けます

なぜなら、引っ張れば引っ張るほど『行きたい所へ行く』という目的が達成されるから。
目的が達成されるということは、それがイヌにとってのご褒美になり
『引っ張る』ことが、価値のある行動になるというワケです。

そうなれば飼い主さんとしては、それを止めさせようと踏ん張る事になり
その結果、イヌは何とか目的を達成しようと、さらに強い力で引っ張るようになります。

もしかしたら、この時イヌは
『うちの飼い主は、オレが引っ張ってやらないとおさんぽも出来ないんだゼ!』
くらいに思っているのかも知れません


イヌの一日の行動のうち、殆どは人の指示ではなくイヌ自身の自発的な行動だと思いますが
それらの行動は、『セルフご褒美』によって日々強化されています。 良い事もそうでない事も。

つまりそれらを黙認すれば、その行動にご褒美を与えているのと同じ事になります。
ですので、特に問題がなければそのままにしておけば良いですが
止めさせたい場合は、目的を達成する前に止めなければなりません。

叱るのは、あまり意味がありません。
叱る時には既に目的は達成されてしまっているので、スキがあればまた同じ事を繰り返すでしょう


最初の話に戻りますが、引っ張りグセを直す場合、それを阻止するだけでは半分です。

引っ張らなかった時には、目的を達成させてあげる(又は代わりのご褒美を与える)ことで
その行動に価値を付け加え、イヌ自身が『引っ張らない』という選択をするようにして行きます^^。



その3へ続きます。


にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。
ryujiさんへ
そうですね、そこへ行くと家具をかじれるというご褒美が待っている事になりますね。
代わりに別の行動をさせて、それに対して違うご褒美をあげるのは良い方法だと思います。
それがイヌにとって価値のある事なら、家具をかじる事への興味は次第に薄れて行くでしょう^^。

最初のキッカケは何にせよ、イヌは日々様々な事を勝手に学習して
いつの間にかそれがクセになったりするので、なかなか侮れませんねi-229

まあしかし、殆どの行動は放っておいても問題ないとは思います。
子犬期特有の行動などは、時と共に自然と消えて行ったりもしますし^^。
[ 2012/03/20 17:05 ] [ 編集 ]
イヌの自発的な行動
『セルフご褒美』によって日々強化
ケージから出すと、私の所へは来ないで、ガレージ・室内でいちばん興味のある物の所へ行きます。
たいていは、かじることができる物の所です。
そこで、家具などをかじる=セルフご褒美、なのでしょうか。

その行動が分かってからは、叱ったりリードでコントロールする前に、まずは、フードやおもちゃで私の所に来させるようにすると、その後の行動に変化がでました。
[ 2012/03/20 14:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。