おさんぽアルバム

イヌ達のおさんぽ写真などを、紹介して行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) TOP↑

ご褒美について その2.5 ^^;

引っ張りグセについての補足です

これは私の場合ですが、おさんぽはいつも公園などの安全な場所へ行き
やや長めのリード(2~3m?)で、時々イヌと遊んだりおやつをあげたりしながら歩きます。
こうすることで、イヌはリードの範囲である程度は自由に行動でき
自然と私にも関心が向くので、リードを引っ張る必要が少なくなります。

人や他のイヌとすれ違ったり、イヌを落ち着かせたい時など
状況によってはリードを短く持って、動きを制限する事もあります。
この時イヌが強引にリードを引っ張っても、それに負けてはいけません。
負ければ引っ張った事にご褒美をあげる事になるので、ここは真剣勝負です
この時、おやつなどでこちらに注意を向けられるなら、それもアリだと思います。

イヌの動きを制限するには、リードを短く持つ以外にも様々な方法がありますが
この辺はイヌにもよるし、状況にもよるし、飼い主さんの好みもあるでしょうから
自分に合った方法を選択すれば良いと思います。


制限した後はこちらの合図でそれを解除し、自由なおさんぽ再開です。
おやつをあげたり、相手のイヌと挨拶してみても良いでしょう。
そうする事で制限の解除がご褒美になり、待つこと・落ち着くことに価値が生まれます^^。


にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。
ryujiさんへ
やはり相手は生身の生き物ですから、何でも理論通り・マニュアル通りとは行きませんね。

知識として、しつけの本などを読む事はとても良い事だと私は思いますが
それを活かす為には、イヌの反応を感じ取る事がどうしても必要になります。
それには日々、自分のイヌとコミュニーケーションを交わし、よく観察し
一つ一つの行動の意味を考える事が大切ですね^^。


理屈っぽく言うと、『個体ごとのデータの蓄積及びその解析』とでも言うのでしょうかi-278
[ 2012/03/22 19:40 ] [ 編集 ]
基礎と応用 共通項と個別差
「ご褒美」についての基礎となる考え方がわかります。
同時に、コメントの応答から基礎をどう応用するかのヒントが見えますね。

「ご褒美」で、行動が強化されるのは、どのイヌももっている性質でしょう。
どんな「ご褒美」が効果的かは、個々のイヌで違うのでしょうね。
※ここを無視しているハウツーが多いと思います。
そこに、共通項と個別差が見えてきますね。

この2つの両面が説明されなければ、イヌとのコミュニケーションは、
経験則だけか、あるいは科学的に立証されていない理論だけ
でおわるのではないでしょうか。

理屈ぽくて、ごめんなさい。たまには、りくつもこねないと……
[ 2012/03/22 12:33 ] [ 編集 ]
アイリママさんへ
リードはイヌと人を直接繋いでいるので、お互いの動きがダイレクトに伝わります。
つまり、双方向のコミュニケーションツールなワケです^^。

上手に使えば、イヌをコントロールするのにとても便利ですが
人がイヌにコントロールされる可能性もあるので、その点は注意ですねi-278
[ 2012/03/21 20:24 ] [ 編集 ]
日々、こちらも勉強です (^_^;)
大切なわが子と自分をつなぐリード。

時には自由を奪われて、ワンコにしてみたら面白くない存在なのかも知れませんが、
安全を確保するのは勿論の事、その使い方次第で本当に反応が変わるものだし、
言葉より伝わり方が早くて効果的、イヌにとってもより分かりやすいみたいですね。

「エッ?!」みたいな顔で振り返られて、今まで自分では指示を出していたつもりが、
実は伝わっていなかったんだなぁ・・・と感じる事がままあります ><

楽をしたらすぐに見破られるので、勝負をする所はきちんと勝ちに行かないと、
お散歩の主導権握られちゃいかねないですね。
[ 2012/03/20 22:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。