おさんぽアルバム

イヌ達のおさんぽ写真などを、紹介して行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) TOP↑

イヌ同士の距離感

2013-02-27 002
ちょっと前の話ですが、平日の午前に空き地でたまたますずちゃんに会いました^^




2013-02-27 003
こちらのメンバーは、ジョンくん・ゴンちゃん・リンネ。

すずちゃんは他の子にガウガウすると前々から聞いていましたが
私の中では、特別攻撃的な印象はありませんでした。

で、早速挨拶してみると、特に積極的にはすずちゃんとの接触を試みない
ジョンくんとリンネに対しては、何の問題もナシ

一方、近付いて挨拶したがるゴンちゃんに対しては、牙を見せて威嚇。
と言ってもこれは相手を遠ざける為の威嚇で、ケンカをする気はなさそう。

すずちゃん、ゴンちゃんが身を引くとそれ以上は何もせず
ゴンちゃんの方も反撃したりしつこく近付いたりはせず、一定の距離を保って様子見。




2013-02-27 005
この一連のやり取りでお互いの関係が決まったのか、その後は特に何もなく
ゴンちゃんがそぉっと後ろから近付いても、チラっと視線を送って小さく唸るだけでした。




2013-02-27 007
その後は、少し離れて別々に遊んでみました。




2013-02-27 008
おもちゃで遊んでいるとき他の子が近付くとケンカになると、以前に聞いていましたが
今回はそんな素振りもなく、普通にディスクで遊んでいました。

これは軍曹さんへの集中が、以前よりも増したのと
最初の挨拶でお互いの関係が決まったから、気にするまでもないってことなのかな?




2013-02-27 021
遊んだ後、すずっぱさんにおやつをせびりに行く皆さん




2013-02-27 014
最後にみんなで記念撮影♪



この距離感が大事です


にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中です。
[ 2013/03/01 20:55 ] イヌあそび | TB(0) | CM(4) TOP↑
軍曹さんへ
あまり難しく考え過ぎないようにして下さいね~i-229

イヌをよく観察して次の行動を予測し、それに合わせて事前に対応する。
判断に迷う場合は、無理せず立ち止まらせて少し様子を見て下さい^^。
[ 2013/03/02 22:45 ] [ 編集 ]
禅の飼い主さんへ
私の個人的な考えですが、こういうことも含めてイヌ同士の接触というのは必要だと思います。
イヌは他の様々なタイプのイヌと接することで、少しずつ加減や距離感を覚えて行き
それらを学んだ子は冷静に相手の反応を見極め、それに合わせた対応が出来るようになるようです。

イヌ自身が距離感を分かっていれば、不必要な争いを避ける事が出来るので
結果的にお互いのイヌを守ることに繋がると思います。
逆に経験の浅い子などは、その辺の加減が分からず相手を刺激し過ぎてしまうことがあるので
挨拶する前に落ち着かせるなど、飼い主さんの対応が大事になって来ると思います。


先制攻撃や反撃は元々は不安から来る、自分の身を守る為の行動だと思うので
まずはお互いに安心できる距離を保ってあげることが大事だと思います。
必要以上に不安を感じさせなければ、それ以上関係が悪化することはないし
時間を掛ければ次第に慣れて、上手く行けばそのうち気にしなくなるかも知れません。

この辺りも飼い主さんが状況を見極め、事前に的確な対応をすることが大事ですね^^。
[ 2013/03/02 22:17 ] [ 編集 ]
先日はお邪魔いたしました<m(__)m>

いい経験をまた積ませて頂いて感謝です。
人の反応によってイヌの反応が変わる。
人が変わればイヌが変わる。(いい方にも悪い方にも)
ディスクにしても普段の生活にしても痛感しております。

いい化学反応が起こせるように精進せねば!!
あ、失敗して爆発するかもしれませんが(爆)
その前に私の頭から湯気が出まくってます(笑)
いつか私の頭でゆで卵くらい出来るかもv-221
[ 2013/03/02 21:33 ] [ 編集 ]
こういう環境
これが犬同士の本来の距離なのでしょうね。

こういう距離を保つための
・犬たちの経験の豊富さ
・場の広さと目の届きやすさ
・飼い主同士の関わり方
それが、必要だという気がします。

それらが成立する環境は、なかなかないように思いますが、どうでしょうか。

禅は、友だち犬との関わり方がまた変化してきました。
・遊べる相手とは遊ぶ
・小さい相手には、あいさつをする
・攻撃的な相手には反撃姿勢をとる
こういう使い分けが見えてきました。

ただし、自分と対等か強そうな相手には、先制攻撃の姿勢をとるので油断なりません。
[ 2013/03/01 21:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。